チョコレート嚢胞

950件

子宮内膜症性卵巣嚢胞ともいいます。子宮内膜症は、本来子宮の内面をおおっている子宮内膜と同様の組織が、子宮の内面以外の部位にできる病気です。子宮内膜症は骨盤内にできることが多く、腹膜、卵巣に病巣を形成することがよくあります。ほかに、膀胱、直腸などの腸管、肺、皮膚にもできることがあります。卵巣に病巣を形成した子宮内膜症が進むと、卵巣内に嚢胞を形成します。こ...

症状としては月経痛、慢性骨盤痛、性交痛などの疼痛があるほか、不妊症の原因にもなります。まれですが、破裂した場合は激痛を伴います。また、卵巣がんが発生することもあります。

診断のために直腸診、婦人科的内診を行います。経腟超音波断層法、MRIなどの画像診断が有用です。嚢胞の内壁は平滑で、さまざまな古さの血液がたまっています。内腔に突出した腫瘤性の病変が認められた場合は、悪性腫瘍の合併も考慮します。血液中の腫瘍マーカーであるCA125、CA19‐9の測定も補助的診断として行うことがあります。画像診断では、下腹部に内腔に血液状...

卵管を通って腹腔内に逆流した月経血のなかの子宮内膜が腹膜に生着する、もしくは、腹膜が何らかの原因により子宮内膜に似た組織に変化することなどが考えられていますが、確定したものはありません。

関連ワード

「チョコレート嚢胞」に関するQ&A

950件

「チョコレート嚢胞」に関するQ&Aをもっと見る

「チョコレート嚢胞 子宮内膜症」に関するQ&A

737件

「チョコレート嚢胞 子宮内膜症」に関するQ&Aをもっと見る