サルコイドーシス

604件

サルコイド(sarcoid)という名前の一部である sarco はラテン語で「肉」を、また oid...

肺門という肺の中心のリンパ節が両側で腫大(はれて大きくなる)します(80~95%)。無症状で健康診断時にたまたま発見される例が、全体の半数を占めます。眼の病気がよく起こり(40~50%)、その多くはぶどう膜炎です。霧がかかったようにぼやけたり、視野のなかを黒い点が動いたりします。通常は両側性です。重度の視力喪失が起こることがあり注意が必要です。眼症状は...

(1)血液検査アンジオテンシン変換酵素(ACE)は70~80%の症例で高くなり、この病気の活動性の指標としても重要です。(2)胸部X線および胸部CT検査両側肺門リンパ節のはれ具合や、肺全体にわたって小さな塊がないか調べます。(3)気管支鏡検査気管支のなかを食塩水で洗い、その洗浄液のなかに含まれる細胞、とくにリンパ球の数や白血球表面マーカーでのCD4とC...

原因はまだわかっていません。細菌が原因として提唱されていますが、確証はありません。また、遺伝はしないと考えられています。

関連ワード

「サルコイドーシス」に関するQ&A

604件

「サルコイドーシス」に関するQ&Aをもっと見る

「サルコイドーシス ぶどう膜炎」に関するQ&A

67件

「サルコイドーシス ぶどう膜炎」に関するQ&Aをもっと見る