サリン中毒

14件

サリンはナチスドイツが開発した化学兵器で、VX、タブン、ソマンと同類の神経ガスに分類される毒ガスです。無色、無臭の液体または蒸気で、非常に作用が速く、吸入、皮膚曝露、経口のいずれによっても吸収されます。強いコリンエステラーゼ活性阻害作用をもっていますが、毒性の強さは、強い順にVX、ソマンサリン、タブンとなります。臨床症状は重症の有機リン剤中毒の症状に...

縮瞳(瞳孔が小さくなる)は必ず起こり、軽症の場合では薄暗いとか、ぼんやりするなどの視覚障害を訴えます。重症度に応じて鼻汁・流涎(よだれ)→気管支れん縮→分泌亢進→呼吸障害→けいれん→呼吸停止を示します。サリンは酸や酸性溶液に接触するとフッ化水素を遊離します。また、加熱されるとフッ化物やリンの酸化物である刺激性のフューム(固体が昇華し、凝結してできる微細...

重症度の判定を目的としたサリンの血中濃度測定は無効です。中毒症状や、血漿中または血球中のコリンエステラーゼ値が重症度の判断材料となります。赤血球コリンエステラーゼ値が70%にまで下がった患者さんの約半数に全身症状が現れます。農薬の有機リン剤やほかの神経ガスと同様に、ヨウ化プラリドキシム(PAM)や硫酸アトロピンを可能なかぎり早期に使用します。米国では戦...

サリンは不可逆的(元にもどらない)にコリンエステラーゼと結合し、自律神経節、中枢神経系、神経筋接合部にアセチルコリンを蓄積させ、中毒症状を引き起こします。液体の皮膚曝露時のヒト最小致死量は、0.01mg/kgと極めて少量で、極微量の滴下で死亡します。また、散布時のヒト吸入半数致死濃度(LC50)は70mg/m3です。

関連ワード

「サリン中毒」に関するQ&A

14件

「サリン中毒」に関するQ&Aをもっと見る

「サリン中毒 サリン」に関するQ&A

4件

「サリン中毒 サリン」に関するQ&Aをもっと見る