サイトメガロウイルス網膜炎

8件

ヘルペスウイルス科に分類されるサイトメガロウイルスによる網膜感染症です。このサイトメガロウイルスには、日本では成人の約90%の人が潜伏感染しており、ほとんどすべての人がこのウイルスを体内にもっています。何らかの原因により、サイトメガロウイルス網膜炎が発症すると、網膜は壊死に陥り、失明にまで至ります。後天性免疫不全症候群(エイズ)における代表的な眼の日和...

この病気の症状は、視力低下から飛蚊症コラム)に至るまで、いろいろです。これは病変が眼底のどの部位を侵すかにより決まります。進行の度合いも、網膜血管を侵して急速に進行していくタイプから、徐々に進行するものまであり、どのようなタイプで発現するかにより症状も異なります。多くの場合、初期には片眼で発症しますが、時間とともに両眼に至ります。さらに発症1年以内に...

診断は、全身の免疫不全状態に伴う、特徴的な眼底所見によりなされます。確定診断のためには、ウイルスの分離、ウイルス抗原の検出が行われますが、近年は分子生物学的手法(PCR法)を用いたウイルスDNAの検出が多用されています。特異性が高く、迅速であることから広く普及してきています。また、区別すべき病気として、他のヘルペスウイルス科のウイルスによる網膜感染症が...

サイトメガロウイルス網膜炎は、大別して2つに分けることができます。(1)先天性のサイトメガロウイルス感染症によるもの、(2)すでに体内に潜伏感染しているサイトメガロウイルスによる後天性の網膜炎によるものです。(1)の先天性のものは、胎児が母体内にいる時に、胎盤を経由して感染し、多くの臓器症状のひとつとして発症するものです。この場合、眼球それ自体に異常(...

関連ワード

「サイトメガロウイルス網膜炎」に関するQ&A

8件

「サイトメガロウイルス網膜炎」に関するQ&Aをもっと見る

「サイトメガロウイルス網膜炎 hiv」に関するQ&A

6件

「サイトメガロウイルス網膜炎 hiv」に関するQ&Aをもっと見る