サイトメガロウイルス感染症

53件

日本人の大多数は、周産期を中心とする母子間でサイトメガロウイルスCMV)に初めて感染し、潜伏した状態で体内にウイルスを保有します。CMV感染は直接的、間接的なヒトヒトの接触によって起こります。感染源になりうるものとしては尿、唾液、鼻汁、子宮頸管粘液、腟分泌液、精液、母乳、涙、血液、移植臓器などが知られており、一見健康にみえる人からもウイルスの排出が...

小児や成人が初めてCMVに感染し、症状が現れる場合では、発熱肝臓やリンパ節のはれというような軽い症状がほとんどです。妊娠中にCMVに初めて感染した場合は、先天(胎内)感染と呼ばれ、胎児に重い後遺症を残すこともあります。多くは無症状ですが、重症の場合には肝臓はれ、黄疸、出血などの症状に加え、小頭症や水頭症といった神経の異常も加わり、胎児や新生児が死亡...

診断は、血清抗体の測定や血液・尿などの臨床材料からウイルスを検出することが一般的です。妊娠中に超音波検査などで胎児に異常が見つかった場合は、羊水のウイルス検査を行うこともあります。CMVの遺伝子は健常人の組織中にもあり、無症状でウイルスを排出することもあります。活動性のCMV感染では実験室での診断だけではなく、臨床診断も併用する必要性が指摘されています...

関連ワード

「サイトメガロウイルス感染症」に関するQ&A

53件

「サイトメガロウイルス感染症」に関するQ&Aをもっと見る

「サイトメガロウイルス感染症 サイトメガロウイルス」に関するQ&A

14件

「サイトメガロウイルス感染症 サイトメガロウイルス」に関するQ&Aをもっと見る