クラミジア感染症

297件

クラミジア・トラコマチスという細菌による感染症で、性感染症のなかで最も流行しているもののひとつです。近年ではとくに若い女性のかかる率が増加しており、性行為の若年化、多様化とともにその広がりが問題となっています。男性では尿道炎、精巣上体炎などを、女性では子宮頸管炎卵管炎、卵管周囲炎などを発症します。男性の尿道炎では1~2週の潜伏期のあとに軽い排尿痛や漿...

男性の尿道炎では1~2週の潜伏期のあとに軽い排尿痛や漿液性(さらさらした)の尿道分泌物が現れます。精巣上体炎は精巣上体の腫脹(はれ)、疼痛、発熱が現れます。女性のクラミジア感染症の症状は非特異的で、漿液性の帯下(おりもの)、不正性器出血、下腹部痛、膀胱炎のような症状などがあります。しかし、性別に関わらず無症候性感染といって症状がほとんど現れない患者さん...

クラミジア感染症の診断では、遺伝子診断法としてのPCR法、TMA法、SDA法などが標準的な検査法です。男性の尿道炎の場合は初尿による検出が優れています。女性子宮頸管炎の場合は、子宮頸管の分泌物か子宮頸管擦過による検査が広く用いられています。これらは非常に鋭敏で有用な検査法ですが、PCR法では血液や精液などが混入すると偽陰性となることがあります。現在、...

関連ワード

「クラミジア感染症」に関するQ&A

297件

「クラミジア感染症」に関するQ&Aをもっと見る

「クラミジア感染症 クラミジア」に関するQ&A

271件

「クラミジア感染症 クラミジア」に関するQ&Aをもっと見る