ガス壊疽

85件

細菌が創(傷口)から侵入することにより、筋肉壊死を起こす致死性の疾患です。皮膚や皮下組織、筋肉などに感染を起こす疾患軟部組織感染症といいますが、そのうちガス壊疽は筋肉を中心にメタンや二酸化炭素などのガスをつくりながら感染が広がることが特徴です(表12)。ガス壊疽は、クロストリジウム属の菌により起こるクロストリジウム性ガス壊疽と、連鎖球菌や大腸菌など...

外傷後、創から菌が侵入すると、早いものでは数時間で傷の痛みが強くなり、発赤の範囲が広がります。最初は赤くはれ、次に壊死により創は褐色から黒色になり、握雪感(雪を握りしめるような感触)などの所見を示し、腐敗臭やドブ臭を発します。進行すると、多量の毒素や壊死物質が血中に流入することにより、貧血、血尿、黄疸などの症状が現れ、敗血症、多臓器不全症になり、救命は...

創の周囲のはれ、壊死などの所見が認められた場合、ガス壊疽を疑い、患部のX線撮影やうみの細菌検査を行います。X線撮影で筋層内にガス像を確認することにより診断されます。また、細菌検査により原因菌を特定し、治療方針を決定します。薬浴とともに抗菌薬を創に塗布、あるいはペニシリンなどの抗菌薬を大量投与し、創を切開してうみを排出させ、壊死組織を切除します。手足の末...

外傷創や熱傷創、手術創、褥瘡(床ずれ)、糖尿病性壊疽などの創からガス産生菌が組織へ侵入すると、壊死に陥った組織内で増殖が起こり、毒素をつくって全身に影響を及ぼします。

関連ワード

「ガス壊疽」に関するQ&A

85件

「ガス壊疽」に関するQ&Aをもっと見る

「ガス壊疽 糖尿病」に関するQ&A

16件

「ガス壊疽 糖尿病」に関するQ&Aをもっと見る