アレルギー性鼻炎

12,860件

抗原と抗体が鼻の粘膜で反応して、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりを起こすのがアレルギー性鼻炎です。アレルギー反応(I型)で起こる病気には、ほかに気管支喘息アトピー性皮膚炎アレルギー性結膜炎などがあります。これらアレルギー性の病気はしばしば同時に起こります。ハウスダスト(ダニなど)とスギ花粉によるアレルギー性鼻炎の患者さんが最も多くなっています。家のほこり...

ハウスダスト(ダニなど)とスギ花粉によるアレルギー性鼻炎の患者さんが最も多くなっています。家のほこりによるアレルギー性鼻炎の特徴は、一年中くしゃみ、鼻みず、鼻づまりが続くことです(通年性アレルギー性鼻炎)。鼻づまりが強く、くしゃみや鼻みずを感じない場合や、くしゃみと鼻みずが強く、鼻づまりを感じない場合などがあります。くしゃみは発作性に起こることが多く、...

アレルギー性鼻炎の診断には、鼻みずのなかにアレルギーの細胞(好酸球)があるかどうか、抗原を皮膚に注射してアレルギー反応(I型)が起こるかどうかをみる皮膚反応、血液中のIgE抗体の測定、抗原を鼻に入れてアレルギー反応(I型)が起こるかどうかをみる鼻誘発テストが行われます。まぎらわしい病気にかぜがあります。アレルギー性鼻炎には鼻のかゆみがあり、またかぜの場...

原因になる物質(抗原)にはいろいろな種類があり、主なものとしてはハウスダスト(ダニなどの家のほこり)、スギ花粉、イネ科花粉、ブタクサ花粉、真菌(カビ)、ペットとして飼っているイヌやネコの毛があります。これらの抗原は、息を吸うと鼻のなかに入り(吸入抗原)、鼻の粘膜にある抗体と出合いアレルギー反応(I型)を起こします。抗体はIgE抗体と呼ばれ、アトピー体質...

関連ワード

「アレルギー性鼻炎」に関するQ&A

12,855件

「アレルギー性鼻炎」に関するQ&Aをもっと見る

「アレルギー性鼻炎 花粉症」に関するQ&A

5,069件

「アレルギー性鼻炎 花粉症」に関するQ&Aをもっと見る

「アレルギー性鼻炎」が多く含まれるカテゴリは?