アレルギー性結膜炎

3,529件

アレルギー性結膜炎は、何らかの外来異物(アレルゲン、抗原)に対する、異常に亢進した生体防御反応(アレルギー)によって結膜に炎症の起こる病気です。アトピー体質(アレルギー反応を起こしやすい体質)の人は起こりやすくなります。春季カタル重症のアレルギー性結膜炎で、青少年に多く発症します。アレルギー性結膜炎では、掻痒感(かゆみ)が強く、結膜充血、浮腫、異物感...

アレルギー性結膜炎では、掻痒感(かゆみ)が強く、結膜充血、浮腫、異物感、目やに(眼脂)、眼瞼腫脹などがみられます。角膜(黒眼)に軽い傷ができることもあります。角膜病変があれば、視力低下が起こります。コンタクトレンズ関連のアレルギーでは、レンズのくもりが起こります。また、眼以外にくしゃみ、鼻水を伴うこともあります。症状は、花粉症のようにある季節にだけ起こ...

強い掻痒感を伴う結膜充血、浮腫、眼脂などから診断します。アトピー体質、季節性があることなども参考になります。結膜擦過(こすりとる)サンプルからは、アレルギーに特有の白血球(好酸球)が証明されます。最近涙液中のIgE量が簡便に検査できるようになりました。ただし抗原の特定はできません。抗原の検索には皮膚に微量の疑わしい抗原を塗布して反応をみるパッチテストや...

アレルギー反応を生じさせる外来異物には、花粉、ダニ、ハウスダスト、動物の毛、コンタクトレンズなどたくさんあります。花粉症の場合、主にスギ花粉は2~4月に、ヒノキ花粉は5月に、カモガヤは5~6月に、ブタクサは8~10月に起こります。

関連ワード

「アレルギー性結膜炎」に関するQ&A

3,526件

「アレルギー性結膜炎」に関するQ&Aをもっと見る

「アレルギー性結膜炎 コンタクト」に関するQ&A

849件

「アレルギー性結膜炎 コンタクト」に関するQ&Aをもっと見る

「アレルギー性結膜炎」が多く含まれるカテゴリは?