アルコール性神経障害

12件

アルコールの毒性というより、いっしょによく起こるビタミン欠乏による症状がみられることが多いようです。アルコール依存症の人は飲酒量が多く、日本酒換算で1日5合、ビールで5本以上毎日飲んでいることがあります。このような場合は、食事をバランスよくとることができず、ビタミンB1、B6、B12が不足しがちです。とくにビタミンB1アルコールの代謝のために使われて...

アルコール性末梢神経障害」は、手足の末梢にしびれ感、痛み、脱力、筋萎縮を来します。「ウェルニッケ脳症」では、無欲状態になって、眼球運動障害(眼があまり動かなくなる)、眼振(眼球がリズミカルに動く)、失調性歩行(酔ったようにふらふら歩く)が起こります。「アルコール性小脳失調症」では、1カ月以上大量の飲酒をしていると、とくに両足のバランスがとれなくなり、...

問診して飲酒量が多ければ、末梢血検査、肝機能検査、血中ビタミンレベル、末梢神経伝導検査、脳のMRIなどの検査をして、アルコールまたはビタミン欠乏症によるどの疾患が起こっているのかを明らかにすることができます。飲酒をやめ、ビタミンB1、B6、B12を補給するとよいのですが、急性期はアルコール性の胃炎が起こっていて吸収が悪いので、とくにウェルニッケ脳症では...

関連ワード

「アルコール性神経障害」に関するQ&A

10件

「アルコール性神経障害」に関するQ&Aをもっと見る

「アルコール性神経障害 症状」に関するQ&A

2件

「アルコール性神経障害 症状」に関するQ&Aをもっと見る

「アルコール性神経障害」が多く含まれるカテゴリは?