てんかん

21,949件

てんかんは大脳の病気です。発作的に繰り返し、自律的に大脳が異常に興奮する状態をてんかんと呼びます。そのため、1回きりの発作や熱性けいれんは、てんかんとは呼びません。また、交通事故からの回復期(ほぼ事故後1週間以内)に限って起こる発作や、脳の手術や脳炎の急性期に起こる発作も、てんかんとは呼びません。脳が急性期から回復し、安定してからも繰り返し発作的に異常...

てんかんには大きく分けて、発作の開始時に脳の両側からてんかん性の興奮が出現する「全般てんかん」と、発作は傷の周囲の特定の電気回路から始まる「部分てんかん」の2つがあります(図2)。ムカムカする、光が見えるといった数秒から数分の前兆や、手や顔面の片側が、意識がなくなる前にけいれんするといった症状がある場合、また、けいれんしたあとで半身の麻痺が残るような場...

脳波とMRIが最も大切な検査ですが、脳波でもMRIでも異常が認められないてんかんも少なくはなく、逆にてんかん性の脳波が出ていても、てんかんではない人もいます。脳波とMRIの所見は、あくまでも問診で推定された病像との組み合わせで意味をもつものだと承知しておく必要があります。非常に大雑把には、部分てんかんに関してはカルバマゼピン(テグレトール)、全般てんか...

交通事故で強く頭を打ったあとで、てんかんが起こることがあることからも明らかなように、脳が受けた何らかの傷がてんかんの元になる場合が多くあります。ただし、脳に傷があるからといっててんかんが必ず起きるわけではありません。むしろ、この傷をカバーして機能を回復させようとする脳の試みが、もともとはわずかな漏電を大規模な異常放電に最終的にはつなげるような結果をもた...

関連ワード

「てんかん 脳神経外科」に関するQ&A

588件

「てんかん 脳神経外科」に関するQ&Aをもっと見る