くる病

1,440件

骨や軟骨が石灰化障害により、類骨(石灰化していない骨器質)が増加する病気で、骨成長前の小児に発症するものをくる病といいます。これに対して、骨成長後に発症するものを骨軟化症(前項)といいます。頭蓋の軟化、低身長、下肢の変形(O脚やX脚)、肋骨念珠(肋骨の突出)、胸郭変形、脊柱変形(後側弯)などがみられます。また、低カルシウム血症を伴う場合には、筋緊張の低...

頭蓋の軟化、低身長、下肢の変形(O脚やX脚)、肋骨念珠(肋骨の突出)、胸郭変形、脊柱変形(後側弯)などがみられます。また、低カルシウム血症を伴う場合には、筋緊張の低下、歩行障害(あひる様歩行)などの症状が現れます。

単純X線写真では、骨端核の出現遅延、骨幹端の不整や拡大がみられます。また、血液検査では、血清カルシウム、リン、アルカリホスファターゼ、副腎皮質ホルモン、ビタミンDに異常がないか測定します。これらによりくる病の病型を診断します。薬物療法としてビタミンD製剤を投与します。低リン血症性ビタミンD抵抗性くる病では、ビタミンDとともにリン製剤も投与します。下肢の...

以前は、ビタミンDの欠乏によるものが多くみられましたが、現在では食生活の改善に伴い減少しています。主にビタミンDの作用不足によるものとして、ビタミンDの吸収不良などによるビタミンD欠乏、ビタミンDの活性化に必要な酵素が欠損しているビタミンD依存性I型くる病、ビタミンD受容体の異常が原因であるビタミンD依存性くる病や腎臓の尿細管におけるリンの再吸収障害に...

関連ワード

「くる病 カルシウム」に関するQ&A

275件

「くる病 カルシウム」に関するQ&Aをもっと見る